梅雨は警戒!関節痛

梅雨になると関節が痛む

梅雨になると湿度が高くなるので、
どうしてもいろいろ身体に不都合を生じることはよくあることですが、
湿度が高くなるということはそれだけ気圧が下がっていることを意味しますので、
その関係でだるさ、眠気、呼吸器系、循環器系の
不調が起こりやすいというのはどちらかといえば自然なことです。

 

しかし実に不思議なことは、
「梅雨時になると腰が痛くなる」とか「梅雨時は肩こりが特にひどくなる」などという、
「関節痛」の症状が出るというケースが非常に数多く報告されるのです。
ですから、その理由、原因はともかくとして、
とにかく梅雨時には無条件に「関節痛」を警戒すべき時期であると言えます。

 

そして、「梅雨時」とは言っても特に注意しなければならないのが、「梅雨入りの時期」ということになります。
というのも、天気の変化、気温の変化、湿度の変化が非常に大きくなるからです。

 

人間の身体というのは、
そうした天候のめまぐるしい変化にはそう簡単に対応できるようにはつくられていません。
多少なりとも「慣れ」が必要になります。
ですからその意味では、何日もジメジメとした梅雨特有の気候が続いているときのほうが、
その精神状態は別として、関節痛のリスクは多少下がると言えるはずです。
しかし、梅雨の入り際の関節痛をそのまま引きずってしまうと、
梅雨が終わるまでは関節の不調が長引いてしまう原因にもなりかねません。

 

ですから、とにかく梅雨が近づいてきた時分には、特に関節通が起こりやすい人は、関節のケアを慎重に行いたいものです。

 

梅雨の関節痛の原因

梅雨時になると関節痛を発症するという人はかなり多いようです。
梅雨時というのは気温や湿度、気圧などがめまぐるしく変化しますので、
どうしても身体のいろいろなところに不調をきたすことには確かになりやすいと言えます。

 

ただ、そうした自然条件がもたらす原因だけがすべてとは考えにくい部分もあります。
特に腰痛や肩こりは、過度なストレスによってより不調を呈しやすいと言われており、
梅雨時のジメジメで精神的にストレスがたまっているところにきて、
日本人にとっては新年度の新しい環境にようやく慣れて、
少し気もちが緩んできたタイミングこそ「梅雨時」であることから、
それまでに不慣れな環境の中で数々のストレスを蓄積したその反動が
梅雨時になって表面化してきているということも十分に考えられるのです。

 

また、肩こりは頭痛の原因にもつながりますし、
腰痛はその他いろいろな不具合が生じることになります。
加えて、梅雨時期には肩こりや腰痛だけでなく、
アレルギー症状を呈しやすいということもよく聞く話です。
たとえばアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくなどはその典型です。

 

また、女性の場合は関節リウマチに罹っている方もいらっしゃるかと思いますが、
梅雨の時期は関節リウマチにとっては大敵になると言われます。
リウマチ事態の原因が解明されていないだけに、
自然条件との関連付けはさらに難しいことになりますが、
リウマチの場合、疼痛をともないますので、要警戒であることは間違いありません。

 

とにかく、ありとあらゆるマイナスをもたらすのが梅雨時の特徴です。

 

更新履歴